シアリスの最大の売りはやはり効果の持続時間にあると言えると思います。長時間効果が持続することにより飲むタイミングにも幅ができます。シアリスについていろいろ紹介していきます。

シアリスの写真

週末にシアリスを飲む

一般的にシアリスは、ウィークエンドピルとも言われているED治療薬として知られています。効果の持続は実に36時間と長時間であり、金曜日の夜に服用した場合は日曜日の昼間くらいまで効果は実感できるでしょう。このシアリスに特徴的な有効成分はタダラフィルとされています。タダラフィルは水に溶けない白色の粉末です。また、服薬後の最高血中濃度は、30分から4時間と人により異なるようです。比較の対象としてバイアグラは30分から90分、レビトラは40分から55分となっていますので参考にされるとよいでしょう。では、いったい服用のタイミングはどのようにするのがおすすめなのでしょうか。一般的に公式サイトで掲載されている情報では、性行為の3時間前くらいのタイミングがベストのようです。10mgのシアリスでは20~24時間程度、20mgのシアリスでは30~36時間程度の時間の中で性的刺激があった場合、勃起機能の改善が見込まれるようです。また、シアリスを服用される方の不安要素に食材とのかかわりがありますが、影響はほとんど受けにくいようです。週末にかけて性行為をされる方は服用時のタイミングと効果の消失を気にかけておられることがしられています。このシアリスがお薬として登場してからは、焦る気持ちやプレッシャーは以前に比べてずいぶんと軽減されたという報告がされています。実際にEDを患うことのなかった以前のように、リラックスできる雰囲気の中でED治療をこなすことができるようになりつつあるのです。また、食事の影響は問題ないとの報告もありますが、実際には800kcalまでは食事の影響は考えにくいとされています。このように週末で使われることが多くみられるシアリスですが、長期間の服用においても効き目が薄くなるようなことはないようです。安心して週末の性行為を楽しんでください。

シアリスを飲む前に飲酒した場合

シアリスは厚生労働省でも認可され、日本では3番目に販売されたED治療薬です。日本ではシアリスを含む3種類の飲み薬が認可されているので、病院で処方してもらう際には、特に理由がない場合は自由に選択することができます。シアリスの有効成分はタダラフィル、長時間作用型で服用から効果があらわれるまで長くて4時間となりますが、効果が持続する時間が最大36時間と長いので使い勝手は悪くないと言えます。むしろ長時間で利用できることから、薬の効果を利用して性行為を長く楽しみたいという人には人気が高いです。このシアリスを服用する際に、大抵の人が疑問を持つことになる飲酒についてですが、通常は薬と一緒に飲む場合、お酒などは控えて水かぬるま湯というのが常識です。しかし、性行為に至る状況は様々で、常に水が確保できるというわけでもありません。その時にお酒があった場合は一緒に飲むことも問題ないとされます。お酒に含まれるアルコールは神経を鈍らせて、軽いリラックス効果を得ることができることから、緊張することの多い性行為で前もって飲む人も多いようです。適度な飲酒なら緊張を和らげて自然に性行為ができるようになりますが、過度な飲酒は逆に感覚を鈍らせすぎて勃起ができなくなる、感覚が分からなくなって射精できなくなるといった問題も起こるので注意が必要です。また、シアリスには血管を拡張して血流を良くするという作用があり、アルコールによる相乗効果で酔いが強くなったり、薬の作用が強くなって副作用を起こしたりする可能性もあります。深酒をした直後に飲むと、アルコールが回りすぎて倒れてしまうこともあるので、いくら緊張を解すためとは言え、飲み過ぎには注意しましょう。

シアリスが注目される理由

国内で処方されているED治療薬の中でも最も持続時間が長い薬はシアリスです。シアリスの利点の一つとしてあげられる持続時間の長さは他の薬と比較しても尋常ではない長さで、一日だけではなく二日程度の持続時間を誇っています。一度服用すると36時間もの長期にわたって勃起を促すことが出来ますので、いつでもどこでもパートナーと性行為をすることが出来るでしょう。それまでの薬の欠点は、薬の成分による効果が大きく、効果が大きすぎた影響で身体に対する負担がかなりひどくなっていた点にありました。これは統計的なデータにも表れていて、例えば即効性のある薬として有名なバイアグラに関しては服用患者の約9割の人が何らかの副作用を訴えていたという報告もでているくらいです。元々、ED治療薬というのは人間の血中濃度を変化させて勃起をすることが出来るくらいの血流の動きを取り戻す作用がありますので、人間に対する負荷が非常に大きな薬になっています。実際に、同じように血中に溶け込む食事からの栄養分とは非常に相性が悪く、バイアグラに関しては食事と一緒に摂取することは厳禁となっており、服用後5時間から10時間程度は一切食事を摂取することが出来ません。一方で、シアリスには身体に優しい成分が利用されていて、これを服用することによって生じる身体への副作用がそれまでもわずか5分の1程度にまで軽減されています。身体に最も小さな負担で服用できる薬であるにもかかわらず、持続時間が薬の中でも最も長いので非常に人気の高い薬として世界中で購入されているのです。シアリスが注目されるのは、このように他の薬と異なって身体に対するメリットが多いからにほかなりません。